ロレックスで人気の高いサブマリーナー

飽きの来ないシンプルなデザイン

耐水性と耐衝撃性に優れており、日常のスポーツシーンでも使えるために、前述したようにバイクレースでも振動に負けず、水たまりの水滴を跳ね返し少々ぶつけたぐらいではへこたれない頑強さを持っているのです。
タフな男の左手に輝く時計ですが、スティーブ・マックィーンはあえて右腕に装着したことが知られております。
バイクのクラッチを握る左手に装着すると、クラッチを握るたびにストレスになることが原因だと言われており、だからこそ右手に装着していたのだと伝説では言われているのです。
サブマリーナーはデイトナやエクスプローラーなどの人気モデルを抑えて、現在でもナンバーワンのセールスを誇るモデルとなっております。
こうした歴史的な逸話の数々と、日常でも使いやすいデザインが魅力的になっているのです。
スポーツモデルとしてWネームが多いことでも有名であり、ヴィンテージピースのWネームは大きなプレミアが付いていることが知られております。
オイスターケースはとにかく頑丈であり、ダイバーズモデルであるからこそ雨などの水濡れにも強いです。
デイトジャストは現在では当たり前の機能ですが、サブマリーナーが開発された当時では斬新な機能でした。
もちろんデザインの好みのよりノンデイトモデルを選択出来ることも魅力の1つであり、ブラックモデルを中心に数々のカラーバリエーションがあることもマニアックなコレクターには嬉しいのです。
シンプルでありながら色が変わるだけで、全く別のモデルのように見えるのがサブマリーナーの不思議な所です。
飽きの来ないシンプルなデザインなので、数々のモデルを経て最終的にたどり着くのが同モデルだと言われております。
逆回転防止ベゼルやレトロな外観を持ちながら、定番でも時代によって流されない普遍性もあるのです。
年代によっては夜光の素材も違いますし、風防がプラスチック製のヴィンテージもあります。
そのそれぞれが魅力的なのです。

ロレックスの時計は完成度が高iい飽きの来ないシンプルなデザイン手に装着するのが似合う唯一の時計